多汗症の特徴を知って自分に合った治療を行おう

気になる汗

ウーマン

人間の汗は主に毛穴から出てきます。しかし、多汗症のかたは毛穴がない部分からも頻繁に出てきたり、出てくる汗の量が通常の方よりも多いことが特徴的です。汗っかきという体質と多汗症というのは似ているのですが、根本的に違う部分があります。汗っかきの体質の方はちょっとした運動や気温の変化によって汗をかきます。この働きは体の熱を逃がそうとして起こるもののため自然な代謝になるのです。それに比べて多汗症の場合は運動をしていない、気温も適温、といった状況や環境でも汗をかくことがあります。この場合は代謝の働きではなく汗を出す細胞が異常に働いていることになるので疾患とされるのです。そのため汗っかきは体質、多汗症は疾患という分類なのでその違いに気づかずに生活している方も多いです。汗をかくだけの疾患だからといって放っておくのは危険なので、もし何もしていないにも関わらず汗を頻繁にかいてしまうというかたがいた場合にはしっかりと治療を行ないましょう。
多汗症はセルフチェックが行えます。このセルフチェックを行えば体質か疾患かという目安をつけることができるでしょう。しかし、あくまでも目安程度になるためその結果が体質をわかった場合でも不安を感じるのであれば治療できる外来や美容外科に足を運ぶことをオススメします。多汗症はひとつの部分から汗をかくこともあり、また全身に起きることもあります。基本的に汗をかきやすい脇や頭部、顔など以外にも足の裏や手のひらなどの末端部分に汗をかくことも多汗症の特徴です。脇に汗が出やすい方は衣服の上からでも汗ジミが目立ってしまうことがあり、回りの視線などが気になってしまいます。また回りの視線を気にすることによって精神的にも負担がきて、余計に汗をかいてしまうというケースも多いので悪循環です。頭部や顔に出やすい場合には、汗の臭いが気になりますし顔の場合にはその汗によってニキビや吹き出物などにも繋がってしまいます。そうなると二次被害として改善させなければならない部分のケアも行わないといけないので何重にも手間がかかってしまいます。末端部分の手のひらや足の裏も同様に臭いの問題がありますが、手のひらの場合には紙類に触ると湿気ってしまったり誰かと手を繋ごうとしても相手の気持ちが気になりうまく繋げないということにもなります。多汗症は汗をかくだけの疾患ではなく様々な部分に関係する病なので悩みを抱える前に早期発見と治療がいいのです。多汗症の治療は専門の外来で行なうことができます。この外来は皮膚科や美容外科といったものになるので足を運んでみましょう。仮に多汗症を打ち明けるのが怖い方は各専門外来のホームページからメールを使って相談してみるのもいい選択肢といえます。メールであれば言葉にする必要もありませんし、聞き耳を立てられることもないので安心して相談できます。最近ではこうした相談フォームを設けているホームページが数多くあるので有効的に活用していくといいですね。体質で汗をかきやすいと思っているかたも念のため一度相談してみるといいでしょう。その体質が疾患だというケースも少なくないのです。