多汗症の特徴を知って自分に合った治療を行おう

多汗症の治療

ナース

多汗症の治療はいろいろな分野から取り組まれています。多汗症の治療の多くは美容外科や皮膚科といった外来で行なわれますが、中では漢方を用いて多汗症の治療をする場合があるのです。多汗症に効く漢方は天然由来の素材を用いていることから薬などのアレルギーを持っている方にはことらが有効的になっています。また天然由来であれば体に負担をかけることがないので安心して使用することができるでしょう。しかし、多汗症は疾患として分類されているので薬などを用いたり、専門的な治療を施して改善させるようにしなければなりません。美容外科で行なう治療には塗り薬や飲み薬、または手術といったようなものが行なわれています。塗り薬は主に手足に症状が出る方に向けて行われているもので、薬の成分として塩化アルミニウム軟膏というものが主流になっています。この塩化アルミニウム軟膏は皮膚の存在する汗の孔を塞いだり、孔自体の形を変える働きがあります。さらに汗孔を殺菌することもできるので手足などの末端部分に有効的になっているのです。またこの塩化アルミニウム軟膏は脇にも使用することが可能です。
飲み薬として治療薬となっているものでは抗コリン薬というものが多汗症に用いられています。この抗コリン薬は交感神経の働きを鈍くすることができるので汗を出にくい状況にすることができます。しかし、この抗コリン薬には副作用があり、喉が乾いたり、排泄の運動を妨げてしまうことがあるので頻繁に使用することは避けるようにしましょう。一時的に多汗症を止めたいといった状況に有効的です。また、外用薬以外の方法として効果的な手術ですが、これは主に脇に施されるものになり、脇にある汗腺そのものを取り除くため効果は絶大です。汗腺自体がなくなれば今後脇に大量に汗をかくことがなくなるので予防策として評判の高い治療になっています。このように多汗症には様々な方法が施されているので自分に合った方法を見つけて実行することが一番です。最近では、外用薬や手術の他にも注射による方法も注目されています。ボトックス注射というものは汗腺に汗を出す司令を妨げる役目があるので汗をかかないようにすることが可能です。さらにこの注射は筋肉に注射するのではなく直接、汗腺に打ち込むので効果も大きなものになります。注射であれば手術に比べて短時間で治療することができるので、もし時間が取りにくい方がいるのであればこの治療は向いているでしょう。効果が大きい治療をしたいけど、手術は怖いと考えている方に対して超音波、吸引法というものがあるのですが、これは超音波によって汗腺を破壊し壊した汗腺を吸引することによって除去するものになっています。この方法では切り取るのではなく吸い取るため痛みもさほど感じることがなく、大きな手術にはならないので不安を抱える方は安心して行なうことができるでしょう。どの方法であっても多汗症は治療できます。しかし、治療も最後まで行なわなければ治すことができないので、しっかりと通院して完治させるようにしなければいけません。そのため、病院としっかりスケジュールを合わせて治療していくようにしましょう。